窓ガラスを修理するのにかかる時間は?

窓ガラスが割れてしまったという経験がある人も多いのではないでしょうか。窓ガラスは割れてしまうと業者を呼ばなければいけないので、大変ですよね。また、大きく割れてしまったら、出来るだけ早く修理して欲しいはずです。窓ガラス修理の知識がないとどうしようか慌ててしまう可能性があるので、どれくらいの時間がかかるかはある程度知っておく必要があります。では、窓ガラスの修理はどれくらいの時間がかかるかについて紹介するので、是非参考にしてくださいね。

窓ガラス修理にかかる時間

窓ガラスの大きさによりますが、一般家庭のものなら最短で30分、標準で1時間程度で修理をすることが可能です。ただ、ペアガラスだったり大きな窓ガラスならもう少し時間がかかります。どれだけ時間がかかっても2時間程度見てもらえばほとんどの修理が完了するでしょう。ただ、業者が家に向かう時間があるので、それがだいたい30分前後になります。ですので、業者が到着する時間と作業する時間を見るといいですね。業者を呼んでからだいたい2時間30分くらいあれば完了します。

特殊ガラスはどれくらい?

一般家庭のある1枚ガラスの場合はその日中に完了することがほとんどですが、ペアガラス、真空ガラス、強化ガラス、など特殊なガラスはオーダーメイド発注をします。その時間がかかるのでだいたい1週間ほど時間をみる必要があります。まずは、発注をして、ガラスが届いたら作業を開始するので、時間が少しかかります。ただ、割れたガラスの応急処置はしてくれるので、生活する分には問題がない場合が多いですね。

雨の日は修理が出来る?

台風など特別な場合以外は雨の日でも作業することは可能です。雨が降ることが作業が大幅に遅れるということもないので、安心してください。ただ、窓を外さなければいけないので、雨が吹き込んでこないかの確認をする必要があるので、見ておく必要があります。基本的には悪天候でも作業は出来るので大丈夫です。

まとめ

このように、窓ガラスの修理時間について紹介しました。窓ガラスが割れてしまったらすぐに交換して欲しいと思いますよね。ですが、業者が到着すれば、すぐに作業をしてくれますし、そこまで時間がかかるものではありません。また、万が一特殊なガラスでも応急処置をしてくれるので、その状態で生活をすることが出来ます。その場合ではガラス修理までに時間がかかるかもしれませんが、安全な状態してくれるので、安心して任せてくださいね。もし、窓ガラス修理の時間について知らない人は参考にしてください。