窓ガラスの修理で賃貸の対処について

アパートなど賃貸物件は入居者は間借りしてるだけで問題になるのは賃貸物件の窓ガラス割れた時の処理についてです。自己所有物件は窓ガラスも自分の所有物となり、窓ガラス割れれば自己責任で修理しなくてはなりません。ですが、賃貸物件所有者は入居者でなくオーナーであり、賃貸物件の窓ガラスはオーナーの所有物です。そこで賃貸物件の窓ガラス割れれば入居者の判断で勝手に修理すれば修理費用損したり、オーナーと後になってトラブルになる可能性があります。

何もせず割れたりするガラス

ガラスは金属と異なって熱などに脆い性質がありますが、ガラスは何もせず勝手に割れることもあります。入居者が何もしてなくても勝手に割れてしまえば入居者はガラス修理の責任を負わないです。根拠は国土交通省が出す原状回復をめぐるトラブル、ガイドラインにあります。これによれば住居設備の経年劣化などによる損耗に関して修繕費用は賃料に含まれ、住宅の通常使用にり損傷したところの修繕費は入居者が毎月払う賃料にふくまれ、オーナーが修繕費を負担すべきとされています。そして、退去時の原状回復も、入居者が入居した当初の状態に戻すわけでないことが明記されてるのです。窓ガラスの修理は大家なども関わります。

ガラスが自然に崩壊すること

窓ガラスの修理などはマンションで行ったりしますが、大きな窓ガラスは日光が直接当たるところ、当たらないところに分かれてますが、この時日光が当たるところは熱吸収し膨張する一方で、サッシ覆われて日光当たらないところは低温のまま膨張しないです。この状況は太陽出てる間、常にガラス内部で発生してますが、日光の熱のガラス内部での膨張差が大きうなればガラスが自然に崩壊します。これをガラスの熱割れと呼びます。これは冬晴れた日の午前中発生したりして、日光の直射受ける東側などの窓ガラスで発生したりします。そしてこれは典型的な経年劣化により発生するガラス損傷であり入居者は何ら責任はないです。

窓ガラスの修理でアパートなどですること

日頃賃貸物件で生活すればガラスと接触することが出てきて、洗濯のためベランダの窓ガラスを開け閉めしたり、汚れたガラスふくようなことが日常的に生じてきます。入居者の行動が原因に堀ガラスが割れたら入居者がgラス修理する責任をおうのです。このとき大事なことは入居者にガラス割る意思なくても入居者の行動の結果ガラス割れれば責任おうといったことです。自分の意思でガラス割るといったことはよほどのことない限りないですが過失などでカラス去った時、入居者に責任が及ぶガラス取扱注意して下さい。そして窓ガラス割れる時もっとも大きい原因として入居者の過失でガラスわれることです。

責任はだれなのか

ガラス割った原因が入居者の善意に基づく時でも結果入居者の行動によりガラス割れたのなら入居者の責任とされます。そして年末の大掃除などで、ガラスを磨きガラス割れれば入居者の責任になって、ガラスが設置されてるレーン掃除しようとしガラスをサッシから取り外そうとしたら、ガラス割っても、入居者が硝子修理費負担することになります。賃貸物件おガラス割れれば心落ち着かせて自分の身の安全を確保してください。周囲にガラス破片とび散ってないのかチェックして破片回収しなくてはなりません。